FC2ブログ
プロフィール

BON狸

Author:BON狸
水道技術者、BON狸のブログへようこそ。起業と経営関連、海外出張や中小企業診断士関連、その他日常などをつらつら記録していきます。水道関連はHPにて毎週更新してますのでそちらもどうぞ。

楽天アフィリエイト
まずはお勧め本など。
FC2カウンター
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック

再現回答:事例42011年10月29日


 練習不足は3ヶ月前にはわかってたはずで、勉強計画の筆頭に常
にあがっていた事例4の練習ですが、結局、ちゃんと練習しないま
ま当日に、そしてモロにその練習不足で足元を掬われるという、

救われない

展開に陥っちゃいました。ちゃんと勉強してきた人は落とさないで
しょうから、ここで大きく遅れをとった私は今年もキツイですな。
財務分析を除く各設問は、正解そのものは計算なんぞしなくても
出題文章から読み取れる出題なんで、計算力のチェックが出題主旨
と考えるほうが素直ではないかと...


事例4

第1問
(設問1)
(a)
営業利益率、有形固定資産回転率、負債比率
(b)

(c)
受注が好調で利益が確保されているが、施設が老朽化投資しており
今後投資が必要な中で負債比率が高く資金面での安全性が低い。
(d)
なるべく負債依存を減らし自己資金での投資が可能なよう大手スー
パーへの販路をはじめ飛び込み需要などにも積極的に対応する。

 去年までの事例に引きづられた回答で、あとで説明をしてもらっ
てこの会社の最大の問題が運転資本の減少にある、と知って愕然と
しかしなるほどと納得しまくっている始末デス。まんまと罠にはまっ
た。もっとたくさん事例の勉強をやって、会社の問題点をお金面で
ピックする練習をしないとダメだなこれは。


(設問2)
(a)
略 (間違ってる orz)
(b)
営業が好調で営業CFが増加している一方、スーパー等への取引拡
大により支払い条件が悪化して負債が増加しキャッシュが圧迫され
ている。飛び込み受注等にも積極的に応じるなど取引先の拡大によ
るリスク分散が必要である。

 キャッシュ・フロー計算間違う時点でお話になりませんが、何度
やっても足し引き間違える。電卓じゃなくてエクセル使わせてほし
い...orz...しかして、計算過程で、取引条件の悪化により
キャッシュが圧迫されているという問題そのものには気づくわけで、
それを意識した回答にはなってます。ちょっとだけ。


第2問
営業利益が1百万円から1.6百万円に増加するので受託するが、得意
先の受注を確認する。

 何をどう書けばいいかがわからなかった。いろいろ計算して時間
を浪費したけど、何も考えずに回答したのと同じ。さらに、稼働率
100%にして余力ゼロにして得意先からの急なオファーに対応でき
なくなるリスクを指摘したくなって結局へんな記述に。字数がない
んだから余計なことを考えるなよ、自分。


第3問
(a)
略 (全然間違ってる orz)
(b)
中止すべきではない。共通固定費負担により最終赤字となる。配賦
基準の問題でありこれを見直す。

 計算する前に答えが見えてて、しかし、何を計算すればそれを説
明できるのかわからず、限界利益率を出したり損益分岐点を製品別
に出したりとのたうちまわって時間を浪費したあげく、あんまりそ
れを使ってない回答をしてしまう罠。


第4問
(設問1)
(a)
略 (合ってるハズ)
(b)
△10百万円
(c)
この条件では投資すべきではない。

(設問2)
 R&Dにより判明するコストによっては収益が期待できるので取
り組むべきである。CFがプラスになるのは3年とも低コストの場
合と低コスト2回と高コスト1回の場合であり...後略

 これも考えすぎ。低コストと高コストの発生確率を年ごとで見る
か一度決まったら毎年同じで見るか悩み、文章を素直にとれば後者
であるとわかっていながら、前者を捨てきれず回答がまとまりきら
ない結果に...


 計算で間違いにくい出題でしたから、今年はしっかりと練習して
きたかそうでないかの差が出るはずで、まあ、試験結果もそういっ
た結果になるんではないかと思います。


 4回にわたって再現回答を記事にしましたが、まあ、ひたすらに、
勉強不足を露呈する回答になってしまいました。勉強時間を作る能
力も実力のうち、来年までの1年間でどのように勉強時間をひねり
出すか...なんて展開にはならず、やっぱり仕事優先しちゃうだ
ろうなぁ...

 ま、人生そんなもんだ。
 






スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス