FC2ブログ
プロフィール

BON狸

Author:BON狸
水道技術者、BON狸のブログへようこそ。起業と経営関連、海外出張や中小企業診断士関連、その他日常などをつらつら記録していきます。水道関連はHPにて毎週更新してますのでそちらもどうぞ。

楽天アフィリエイト
まずはお勧め本など。
FC2カウンター
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック

首都圏直下地震を騒ぎ立てる報道のあやうさ2012年03月07日


 3.11が近づくにつれマスメディアは災害関連一色。特に目立つのが
首都圏で震度想定が7になったとか言って大騒ぎしている論調。

 正直

いらっときます。

 なぜか。とりあえず、言葉より先にまずこの図を見てもらえればよ
ろしい。ソースはこちら。文部科学省です。
http://www.jishin.go.jp/main/pamphlet/leaflet/leaflet.pdf

jisin.png



 これは2008年の予測。大震災の前、2010年版の地震リスク予想図です。

嫌味なほど

 今般の大震災の被害エリアの大半が低リスクで評価されているのが
一目瞭然だと思いませんか?

 リスク評価の方法もちゃんと紹介していますから、もと資料を読め
ばわかりますが、首都圏近くの断層が地震の原因になった場合という

想定

のせいで、首都圏がまっちゃいろになっている。ぢゃ、首都圏の断層
が他の断層よりも地震が起こりやすいのか?というとそんなことは一
言も書いてない。

 実は一般に、ロングテールリスクに関連する被害警告や被害予想は、
このように、科学的な検証よりも仮定の影響を強く受けてしまうもの
なのです。東日本大震災のエリアが低リスクと評価されているのは、
おそらく「次は東南海だ」という「想定」があったためです。

 言い換えれば、「想定」にバイアスがかかったため。

 良心を信じるなら、「直近に地震があったので歪みが解放された」
といった先入観に基づく「想定」があったと思われますし、勘ぐると、
「そろそろ東南海地震が起こってくれないと困る」等といった政治的
な「想定」があった可能性も完全否定はできません。


 一方で、だからといってこれを「間違ったマップ」というのは、そ
れもおかしい。人類はそこまで地震のメカニズムを正確に把握してい
るわけではないし、地震学者は全力をあげて地震発生の可能性を把握
するための研究をしている、その誠意は疑う余地はありません。

 つーか、大被害をもたらしてから、原発は地震にも津波にも大丈夫、
などと説明していたサイトをさっくり「なかったことにした」

某T電力

と比べると、このデータを削除しない精神は全くもって健全です。



 つまるところ、地震のリスクをわかりやすく伝えるために見える化
しようとした。しかし、わかりやすく見せる課程で「想定」の影響を
強く受けた図になってしまったということではないかと思うのです。
それが、結果として...



 だから、ここで言えることは、首都圏直下型地震のリスクが今回
の地震で変化したかどうか、正しいところは

わからないはず

だということ。

 わかってるのは、地震の発生回数が飛躍的に増えてることですが、
それが地震リスクを増大させているかどうかは仮説の域をでず、その
検証はこれからなのだと思うのですよ。

 実際、地盤データってそんなに簡単に収集できるもんではありま
せん(だから地震の予測って難しいのだ)。リスクが高まったとい
う情報はおそらく先入観で、一喜一憂する必要は全くない。



 一方で、

もともとリスクはあった

し、これからも地震が発生する可能性は確実にある。

 センセーショナルな風説に怯えるのではなく、しかし、冷静に危
険を想像する。冷静に、しかし、油断なきように。

 地震の国に生きる国民としては、そんな生き方をしたいもんです。

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : ビジネス