FC2ブログ
プロフィール

BON狸

Author:BON狸
水道技術者、BON狸のブログへようこそ。起業と経営関連、海外出張や中小企業診断士関連、その他日常などをつらつら記録していきます。水道関連はHPにて毎週更新してますのでそちらもどうぞ。

楽天アフィリエイト
まずはお勧め本など。
FC2カウンター
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風立ちぬみてきました【ぷちネタバレあり】2013年10月12日

 
 遅ればせながら

風たちぬ

見てきました。

 こう見えても技術屋の端くれ、技術面、機械面、オタク方向の描写には大
変ひきこまれました。

 ドラフターで図面を書いたり、計算尺で空力計算をしたりする情景。
 ギミックをアニメで解説したり、構造破壊を透視図で見せたりする演出。

 そして何より、96艦戦やら96陸攻やらJu G38やら、最後はB29に至るま
で、極めて正確に再現された歴史上の有名機が飛び回る。最初の方のイタリ
ア機は全然わからなかったけど、少なくとも堀越二郎や本庄季郎のさりげな
いセリフの一つ一つに技術史的意味があったし、最後のシーンで地上で破壊
され山積みになっていた機体すべてにしっかり元ネタがあるわけで、これは
もう執念としかいいようがないです。

 ちなみに、ドイツで警備員とやりとりしていた飛行機はこいつだと思いま
す。(スウェーデンでこの夏撮影してきたJu F13)。

JuF13.jpg


 宮崎さん、多分、ずっと、日本の飛行機を飛ばしたかったんだろうな。で
も、そのためには、戦争嫌いなのに、軍用機を書かないといけない。その辺


演出、ぼやかし方、美化、

が、ちょっと鼻につくけども、まあ見事なものでありました。最後の最後に
夢を叶えたってところなんでしょうね。



 ただ、実は、ゼロ戦と堀越二郎さんは、現実にはちょっと神格化されすぎ
てて、そのあたりに日本人の一番悪いところが出ている感じが実はあまり好
きではなかったりします。キットは持ってるけど。

 あと、ラブラブシーンについては...人の命が今よりも儚かった時代を
より際立たせる演出として見事ではあるのですが....虚構新聞社主の気
持ちがわかった気がします、とだけコメントしておきます。

参照:恋愛場面多すぎ 「風立ちぬ」に要望書(虚構新聞)

 
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。