FC2ブログ
プロフィール

BON狸

Author:BON狸
水道技術者、BON狸のブログへようこそ。起業と経営関連、海外出張や中小企業診断士関連、その他日常などをつらつら記録していきます。水道関連はHPにて毎週更新してますのでそちらもどうぞ。

楽天アフィリエイト
まずはお勧め本など。
FC2カウンター
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストライター騒動、執筆仕事をする立場から2014年02月11日

 
 音楽家のゴーストライター騒動が世間を騒がしてますが、テレビ
を見ない関係で、ベートーベンもどきさんとか全然しらないし、そ
れそのものにはあまり興味がありませんです。

 テレビ用にエピソード、コンテクストを盛るというのは、芸人の
世界では当然にあること。芸人が専業のプロの間は、

盛ったエピソードに人生の方をあわせる

形が、無理はありながらも成立していたということなんでしょうが、
ネットの発達、情報の流動性の向上によって、芸人そのものの素人
化が進んだこと、「盛っている」という舞台裏の事実が流出するよ
うになったこと、いくつかの要因によって、以前よりは維持しにく
くなってきたということなのかなと思います。


 ただ、執筆を生業とすることもある、コンサルタントにおいて、
この問題は結構、自分のマターでもあります。

 私自身、他人の執筆物や講演の手伝いとして情報やパワポを提供
したり、原稿の一部を代筆することはしょっちゅうあるし、逆に、
自分自身が執筆をするにあたっての情報収集をやってもらったり、
部分原稿を人に書いてもらうこともあります。

 そもそも創作活動が

一人で完結しなければならない必要はない

わけでして、参加度、寄与度によって、執筆者の一人になることも
あれば、謝辞で少し触れてもらってるだけのこともあるし、全く出
てこないこともあるわけです。


 何がいいたいかというと、ちょっと範囲は大きいけどもこれくら
いの協業的創作活動はいくらでも行われてるんだろうなと。今回の
ために考えだしたスキームにしては洗練されすぎてますしね。


 ということは、今回の事案が大騒ぎになった一番の要因は、

エピソードの盛りすぎ

なんではないかということ。耳が聞こえないのに作曲、その嘘に
感動した、素直な人が、怒ってるんではないかなと。


 そして、エピソードを盛ったのは間違いなく

テレビ局のプロヂューサー

なわけです。つまり、謝罪したり辞職したりすべきはこっちじゃ
ないか、といいたいわけです。

 
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その通りですね。
なんか、自分の感想が文章になったような。(笑)
まあ、プロデューサーの責任はともかく、絶賛した専門家、それに乗った音楽業界は痛いですね。リスナーは、それに乗っかった不幸はあるにしても、自己責任という気がしないでもない。
音楽ってのは、そもそも過去の作品の模倣からはじまり、インスパイアされ、その先にオリジナルが生まれる。その繰り返し。それがマーラーの模倣であったとしても、それはそれでいいんだと思いますが。

No title

感性が似ているのかもですねw。そもそも、音楽性を絶賛してたのであれば何一つ恥じることはないわけですし...でもまあ事情を調べるのも面倒なんで深入りはやめておきます。

No title

どうやら会見見る限り、自分で盛ってたみたいですw
じゃ、これは確信犯だなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。