FC2ブログ
プロフィール

BON狸

Author:BON狸
水道技術者、BON狸のブログへようこそ。起業と経営関連、海外出張や中小企業診断士関連、その他日常などをつらつら記録していきます。水道関連はHPにて毎週更新してますのでそちらもどうぞ。

楽天アフィリエイト
まずはお勧め本など。
FC2カウンター
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変われないヒトに変革を提案する失敗をして2015年02月05日


 社業の日常をFBに移行してからはほとんど月に1回
のみの更新になっており、気持ちとしてはもうFB一本で
いいような気がする今日この頃ですが、経営コンサル系
のTIPSのようなネタは一応ブログに書くことにしているの
と、なぜか

連絡がブログのコメントオンリー

 なヒトがいる関係で、クローズするのもちっとためらわ
れるのが本音です。

 ブログのアーカイブをFBに移行させるようなサービス
も探せばありそうな気がしますし、知ってるヒトがいたら
教えて下さいませ。



閑話休題。

 コンサルという仕事のは分野はいろいろありますが、
自分の全力をもって、顧客と一緒に問題解決を一緒に
考え、実行するという原則はあまり変わりません。

 このような仕事をするにあたって、コンサルタントは、
一般的に、これまでと違うやり方を薦めることになりま
す。なぜなら、今までと同じ方法をやってうまくいかない
のだし、同じ方法を突き詰めるなら、外部人材たるコン
サルなんかよりも、これまでやってきたヒトの方が上手
にやるからです。

 ただ、最近気づいたこととして、なぜこれまでのやり方
が合わなくなってきたのか、冷静に自己分析、自己否定
できるヒトは

意外なほど少ない

ということ。そして、それができるかどうかは

頭のよさとは関係ない

のですよ。



 一言でいえば、成功体験だけしかない人には難しい。

 また、失敗を許容しない組織で育ったヒトは、失敗知を
肯定的にとらえたりましてや共有したりすることが難しい。

 ましてや、所属している組織がデカかったりすると、間接
的な失敗経験、つまり同業の問題等、失敗に触れる機会
があっても、明日は我が身ととらえられない傾向がある。

 これは弊社のドメインにも、関係しているので社会一般
の現象かどうかはよくわからないのですが...



 当然、いい例外はたくさんあります。たとえば、外の空
気を知っている途中入社のヒトは、ずっと同じ空気しか
吸っていないヒトよりずっと柔軟です。他社との交流に
積極的なヒトも、いろんな世界を見ている分、柔軟性が
ある。これはだれにでもできることです。相手の考えを虚
心坦懐に理解しようとするようなヒトも大丈夫。


 でもまあ、変われないヒトは難しいです。特に頭のいい
ヒトだと難しい。そういうヒトにコンサルをするのは難しい。
課題が困難なのではなく、課題を真正面から見させるの
が困難なケースというのは、無意味にしんどい。

 案件着手前にそこの見分け、案件回避するにはどうす
ればいいか、もう少し経験値稼ぎが必要な気がする、今
日このごろなのでした。



...はぐれメタルがたくさんいるところを知ってたら教えて
くださいw


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。